はじめに
皆さんこんにちは。御幸浜倶楽部の三鑰です。

 新御幸浜倶楽部は、お陰様を持ちまして、約4年(試行期間を含め)が経ちました。
本倶楽部は、佐島マリーナに共有船『MIYUKI 7』を置き、倶楽部員が海のマリンレジャーを楽しむ為に発足した会です。

 初代『みゆき7』は、福利厚生で使用していましたが、平成21年8月ボートの老朽化、利用者の減少及び維持費の見直しのため処分する事となり、前『みゆき7倶楽部』は解散する事となりました。

 そこで、準備委員長として溝越氏(初代部長)、事務局長の山川氏、お二人のご尽力により『みゆき7』を払い下げて貰い、マリンレジャーを楽しむ唯一の倶楽部存続のため、前『みゆき7倶楽部』から、現『御幸浜倶楽部』の前身となる『みゆき浜クラブ(仮称)』を創設、海を愛し釣りを愛する有志を募り、試行期間5ヶ月設け、当初18名で発足しました。

 試行後の翌年22年、2代目部長 臼倉 朗氏のもと、現『御幸浜倶楽部』とし新たな倶楽部の船出となりましたが、大事に使用してきた耐用年数5年の同船も、さすがに14年が過ぎたところ経年劣化による燃料漏れ、エンジントラブルで、残念ながら廃船止む終えないものとなりました。
 しかし、前部長臼倉氏のご支援と、皆様方のご協力によって、新艇『MIYUKI 7』を購入し倶楽部継続できたことは大変嬉しく思います。
 皆様方には、この場をおかりしまして感謝申し上げます。

 『御幸浜倶楽部』の伝統を継承しながら、素晴らしいアイデアや、ご意見等で更に良いものを目指し、安全なマリンレジャーを楽しむと共に、倶楽部を通じて現倶楽部員10名の親睦を深めていきたいと考えておりますので、今後ともご協力をお願い致します。
 また、今回『御幸浜倶楽部』のホームページ(HP)を公開致しましたのでご利用下さい。

 『御幸浜倶楽部』の益々の発展と、倶楽部員の方々及び御家族ご多幸を祈念し、私からのご挨拶とさせていただきます。今後とも、『御幸浜倶楽部』を宜しくお願い致します。

                            平成25年7月1日
                           代 表 三鑰 裕人

 
 
 
 
 

[ホームヘ戻る]
mikagi